3DRPG ADVenturer

提供:空想科学Wiki

3DRPG ADVenturer(スリーディーアールピージー アドベンチャラー)は、「キャラバンサークル」により製作されたゲーム。

概要

「現実に近い仮想世界」というコンセプトで製作されたRPGで、初版は1997年に公開された。公開当時はシェアウェアだったが[1]、現在は無料でダウンロードできる。

一人称視点で3Dの仮想世界を歩き回り、他のキャラクターと会話して謎を解いたり、様々な武器で敵と戦い、3つのステージをクリアするとゴールとなる。敵と戦うにあたってどの武器を使うのが良いか、どのタイミングでアイテムを使うのが良いかなど、パズル要素も含まれている。

特徴

1997年に公開された[2]ゲームでありながら、3Dの仮想世界はそれなりに作り込まれており、グラフィックの性能もよい。

時刻という概念も取り入れられていることは特筆すべき特徴で、NPCの行動が時間帯に従って変化する。例えば、樵が森にやってくる時間が決まっていたり、夜行性の敵キャラクターが登場したりする。そのため、これらの登場タイミングを見計らって行動するという謎解き要素を含んだゲームとなっている。ただし、ゲーム内の1分は現実の1秒、1時間は1分に相当しており、ゲームを24分間続けるとゲーム内で1日が経過する。

RPGツクールなどを使用しない独自のシステムとなっている。1997年に作られたゲームとしては先進的であったようだ。

2000年頃は多くのサイトで紹介されており人気があったようであるが、現在は完全に下火になっている。しかしながらゲームの更新は現在も続けられている。

地名

  • ステージ1
    • イニシアル村 - スタート地点となる集落。
  • ステージ2
    • アリアン洞窟
    • キノコハウス
  • ステージ3

歴史

  • 1997年 - 初版公開。
  • 2015年6月 - Ver1.61公開。

関連項目

  • むにむに - 同じくキャラバンサークルによって作られたゲーム

脚注

外部リンク

この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください
画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。