土管 (いつもの空き地)

提供:空想科学Wiki

ドラえもん」において、いつもの空き地に設置されている土管(どかん)は、様々な用途に使われる器具の一つである。

概要

コンクリート製の土管で、空き地の中央に3つ重ねた状態で置いてある。ジャイアンリサイタル開催時には、ジャイアンは土管の上に乗って歌う。のび太の昼寝に使用されることもある。それ以外の場合は単純にベンチとして使われている場合が多い。

事故

  • 野比のび太がドラえもんの道具「人間機関車」をつけた状態で土管に激突し、土管が破壊される事故があった[1]が、いつの間にか復旧している。
  • いたずらオモチャ化機」で材質がコンクリートから柔らかい物質に変更されたことが一度だけある[2]

脚注

  1. 8巻「人間機関車」
  2. 36巻「いたずらオモチャ化機」