ジャイアンの音痴に対する懐疑論

提供:空想科学Wiki

この記事ではドラえもんに関する話、およびドラえもんの中の架空の地名・人物・団体等についての情報が記されています。現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

(編集に参加される方へ)たぬき Wikiは架空世界の情報を整理するためのウィキで、書くことができるのは一次創作と独自研究のみです。出鱈目な嘘情報やジョークを書く場所ではありません。(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください

ジャイアンの音痴に対する懐疑論(ジャイアンのおんちにたいするかいぎろん)とは、ドラえもんにおいて、ジャイアンは音痴ではないとする学説や意見のことである。

概要

ドラえもんにおいて、ジャイアンの歌は「ホゲー」などと表現され、音痴であることをにおわせるような表現がなされている。作中でものび太達がジャイアンを音痴であると表現する描写が存在する。

しかしながら、「ジャイアンは音痴である」という認識に対して異論を唱える説が存在する。

ジャイアンの歌声による被害からの異論

ジャイアンが歌うことで、窓ガラスが割れたり、機械が故障したり、飛ぶ鳥が落ちたりするなどの被害が生じたことがある。普通の人はこの描写を「被害が出るくらいにジャイアンは音痴」と解釈するが、否定派はこのような現象が起こるためにジャイアンが音痴であるという前提は必要ないと主張する。

そもそもこのような現象は、音波の波長が原因であり、ジャイアンの声(音質)が原因であって、音程が取れていないことが原因ではないというのが主な主張である。

また、ガラスを割るためには安定した音を出す必要があり、そのためには音程を把握する能力が必要である。そのため、ジャイアンは音痴でないからこそガラスを割ることができるのだという意見も存在する。

声のキャンデーからの異論

ドラえもんの道具に「声のキャンデー」というものが存在する[1]。この道具は、他人の声をコピーしてその声で発生することができる道具である。ジャイアンがこの道具を利用してリサイタルを行ったところ、被害が発生するどころか皆が聴きぼれて賞賛した。ところがこの道具には音痴を直す効果はないため、もとから音痴ではなく、やはり被害が発生する原因はジャイアンの声(音質)であるという主張である。

関連項目

脚注

  1. 8巻「声のキャンデー」

外部リンク